何歳から飲ませるべきか?何歳まで大丈夫?

ドクターセノビルは何歳から飲ませるべきか?何歳まで大丈夫?

 

ドクターセノビルが身長を伸ばす
サプリメントとして有力・評価が
高いということは既に皆さんご存知の
ことかと思います。

 

では、このドクターセノビルですが
一体何歳から子どもに飲ませれば
いいものになるのでしょうか?

 

そして何歳まで効果があるもに
なるのでしょうか?

 

いつ買っていつまで続けるものなのか、
このあたりがはっきりしないという人も
多いと思いますので考えてみました。

 

 

骨端線が閉じてしまうと伸びなくなる

 

身長を伸ばすということに対しての
問題として、骨端線という問題があります。

 

骨端線とは成長軟骨の部分になる骨の端の
線で、ここが閉じてしまうと、もう骨自体が
伸びなくなるので、身長を伸ばしようがなくなると
いうものです。

 

この骨端線が閉じるのが17歳〜20歳くらい
なのでしょうか。
個人差が結構激しいようで、早くから閉じる人も
いれば25歳くらいまで残っている人もいるとか。

 

ここを超えてしまうと、もう伸びないということに
なります。
実際には若干身長が伸び続ける人も
いるので、100%なのかについては
疑いはありますが、栄養面で伸ばすことは
厳しいと考えられます。

 

 

ドクターセノビルのホームページから考える

 

ドクターセノビルの販売用のページを
見てみると、実際に飲んでいる人の
イメージ画像であったり口コミが
掲載されています。

 

トップ画像なんかはランドセルを
背負った人が出てきますね。

 

やはり一番の適性がある年齢は
小学生になるのでしょうか。

 

口コミに出てくる人の年齢を
見てみると

 

10歳
17歳
16歳
15歳
16歳
11歳
11歳
15歳
というような年齢が出てきました。

 

子どもの成長ということで
小学生が飲むことが中心では
ありますが、実際には16〜17歳くらいの
人も飲んで効果を出しているということも
わかります。

 

Q&Aのところを見ますと
何歳から飲めますか?という問いに対して
「幼児のお子様から大人の方まで」
と書かれています。

 

実際に何歳から飲むか?

 

実際にドクターセノビルを何歳から
飲むかというところですが、子どもの
身長を見ながらというやり方がいいと
思います。

 

正直、幼児の段階で身長の高い低いと
いうことは極端な異常でない限りは
あまり関係ないのかなとも思います。

 

成長の時期の個人差もあって
後から大きく伸びる人もいます。

 

また、あまりにも異常な状態の場合は
ドクターセノビルの前に医者に相談した方が
いいでしょう。

 

現実的には小学生になって平均身長と
比べてみて、子どもが低めであると感じたとき、
このあたりがポイントとなってくるのでは
ないでしょうか。

 

そして、高校を卒業するくらいまでの間で
あれば効果は期待できて、目標まで
行ったら飲むのをストップするという
感じになるかと思います。

 

中高生くらいになってくると、子ども自らが
身長を気にして飲みたいといってくるかも
しれませんね。

 

いずれにせよ、ポイントとしては大人に
なってしまうとNGというもの。
高校生ギリギリだと伸びる余地も
小さくなってしまうということ。

 

平均身長と子どもの成長具合を
見ながら適切なポイントを見つけて
いきたいところですね。

 

Dr.Senobiru 公式はこちら

 

 

トップページに戻る


inserted by FC2 system